最近の更新

2014年7月31日木曜日

Android WearのViewPagerで個別レイアウトのページ表示する方法

【目的】
Android WearのViewPagerで個別レイアウトのページ表示させます。



【準備】
1.「Extrasライブラリ(Android Support Library v20等)のアップデート」の手順で、「Android Support Library」をv20に更新しておきます。
2.「wearable 1.0.0のライブラリプロジェクトの作成方法」の手順で、「wearable 1.0.0」のライブラリプロジェクトを作成しておきます。
※ADT23.0.2ではAndroid Wearに対応していない為の、暫定処置です。

※実機でデバッグする場合には以下を実行しておきます。
Sumsung Gear LiveのADBドライバのインストール方法」の手順で、ADBドライバをインストールしておきます。



【手順1】
1.「Androidプロジェクトの作成・実行方法(バージョン別一覧)」のAndroidプロジェクトの作成手順で、「AndroidWearSample15-002-ViewPagerFragment」といプロジェクトを作成。
※プロジェクトの設定は以下の通り。
※他の項目は任意。
項目名 項目に設定する値
アプリケーション名(Application Name) com.example.androidwearsample15_002
プロジェクト名(Project Name) AndroidWearSample15-002-ViewPagerFragment
パッケージ名(Package Name) com.example.androidwearsample15_002
Build SDK API 20
Minimum Required SDK API 20

2.「wearable 1.0.0プロジェクトをライブラリに指定する方法」の手順で、wearable 1.0.0をライブラリ設定しておきます。
3.「android-support-v13.jarをライブラリに設定する方法」の手順で、android-support-v13.jarをライブラリ設定しておきます。



【手順2】
1.「AndroidManifest.xml」は以下の通り。
<manifest xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
    package="com.example.androidwearsample15_002"
    android:versionCode="1"
    android:versionName="1.0" >

    <uses-sdk
        android:minSdkVersion="20"
        android:targetSdkVersion="20" />

    <application
        android:allowBackup="true"
        android:icon="@drawable/ic_launcher"
        android:theme="@android:style/Theme.DeviceDefault.Light" >
        <activity android:name="com.example.androidwearsample15_002.MainActivity" >
            <intent-filter>
                <action android:name="android.intent.action.MAIN" />

                <category android:name="android.intent.category.LAUNCHER" />
            </intent-filter>
        </activity>
    </application>

</manifest>
2.「Ctrl+Shift+F」を押し、コードをフォーマッティング。
3.「Ctrl+S」を押し、ファイルを保存。



【手順3】
1.「res/layout/activity_main.xml」は以下の通り。
<android.support.v4.view.ViewPager xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
    android:id="@+id/pager"
    android:layout_width="match_parent"
    android:layout_height="match_parent" />
2.「Ctrl+Shift+F」を押し、コードをフォーマッティング。
3.「Ctrl+S」を押し、ファイルを保存。



【手順4】
1.「任意のファイルの作成方法」の手順で「res/layout/fragment_sample.xml」を作成。
2.「res/layout/fragment_sample.xml」は以下の通り。
<LinearLayout xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
    android:layout_width="match_parent"
    android:layout_height="match_parent"
    android:background="@color/white"
    android:orientation="vertical" >

    <TextView
        android:id="@+id/text"
        android:layout_width="fill_parent"
        android:layout_height="wrap_content" />

    <Button
        android:layout_width="wrap_content"
        android:layout_height="wrap_content"
        android:text="ボタン" />

</LinearLayout>
3.「Ctrl+Shift+F」を押し、コードをフォーマッティング。
4.「Ctrl+S」を押し、ファイルを保存。



【手順5】
1.「src/com/example/androidwearsample15_002/MainActivity.java」は以下の通り。
package com.example.androidwearsample15_002;

import java.util.ArrayList;
import java.util.List;

import android.app.Activity;
import android.app.Fragment;
import android.app.FragmentManager;
import android.os.Bundle;
import android.support.v13.app.FragmentPagerAdapter;
import android.support.v4.view.ViewPager;

public class MainActivity extends Activity {
    private ViewPager viewPager;

    @Override
    protected void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
        super.onCreate(savedInstanceState);
        setContentView(R.layout.activity_main);
        viewPager = (ViewPager) findViewById(R.id.pager);
        PagerAdapter adapter = new PagerAdapter(getFragmentManager());
        adapter.addFragment(new SampleFragment(1));
        adapter.addFragment(new SampleFragment(2));
        viewPager.setAdapter(adapter);
    }

    private class PagerAdapter extends FragmentPagerAdapter {
        List<Fragment> fragmentList = null;

        public PagerAdapter(FragmentManager fragmentManager) {
            super(fragmentManager);
            fragmentList = new ArrayList<Fragment>();
        }

        @Override
        public Fragment getItem(int position) {
            return fragmentList.get(position);
        }

        @Override
        public int getCount() {
            return fragmentList.size();
        }

        public void addFragment(Fragment fragment) {
            fragmentList.add(fragment);
            notifyDataSetChanged();
        }
    }
}
2.「Ctrl+Shift+F」を押し、コードをフォーマッティング。
3.「Ctrl+S」を押し、ファイルを保存。



【手順6】
1.「任意のファイルの作成方法」の手順で「src/com/example/androidwearsample15_002/SampleFragment.java」を作成。
2.「src/com/example/androidwearsample15_002/SampleFragment.java」は以下の通り。
package com.example.androidwearsample15_002;

import android.app.Fragment;
import android.os.Bundle;
import android.view.LayoutInflater;
import android.view.View;
import android.view.ViewGroup;
import android.widget.TextView;

public class SampleFragment extends Fragment {
    private int pageNo;

    public SampleFragment(int pageNo) {
        this.pageNo = pageNo;
    }

    @Override
    public View onCreateView(LayoutInflater inflater, ViewGroup container, Bundle savedInstanceState) {
        View view = inflater.inflate(R.layout.fragment_sample, container, false);
        ((TextView) view.findViewById(R.id.text)).setText(pageNo + "ページ目");
        return view;
    }
}
3.「Ctrl+Shift+F」を押し、コードをフォーマッティング。
4.「Ctrl+S」を押し、ファイルを保存。






【手順5】
1.「Androidプロジェクトの作成・実行方法(バージョン別一覧)」のAndroidプロジェクトの実行手順で、実行。
※Android Wearの実機で動かす場合は、実機とPCをUSBで接続する。



【手順6】
1.Sumsung Gear Live(Android Wear)の場合、以下の様に表示されます。




2.スワイプでページを移動できます。

























以上です。

Android WearのViewPagerでカードをページ表示する方法

【目的】
Android WearのViewPagerでカードをページ表示させます。



【準備】
1.「Extrasライブラリ(Android Support Library v20等)のアップデート」の手順で、「Android Support Library」をv20に更新しておきます。
2.「wearable 1.0.0のライブラリプロジェクトの作成方法」の手順で、「wearable 1.0.0」のライブラリプロジェクトを作成しておきます。
※ADT23.0.2ではAndroid Wearに対応していない為の、暫定処置です。

※実機でデバッグする場合には以下を実行しておきます。
Sumsung Gear LiveのADBドライバのインストール方法」の手順で、ADBドライバをインストールしておきます。



【手順1】
1.「Androidプロジェクトの作成・実行方法(バージョン別一覧)」のAndroidプロジェクトの作成手順で、「AndroidWearSample15-001-ViewPager」といプロジェクトを作成。
※プロジェクトの設定は以下の通り。
※他の項目は任意。
項目名 項目に設定する値
アプリケーション名(Application Name) com.example.androidwearsample15_001
プロジェクト名(Project Name) AndroidWearSample15-001-ViewPager
パッケージ名(Package Name) com.example.androidwearsample15_001
Build SDK API 20
Minimum Required SDK API 20

2.「wearable 1.0.0プロジェクトをライブラリに指定する方法」の手順で、wearable 1.0.0をライブラリ設定しておきます。
3.「android-support-v13.jarをライブラリに設定する方法」の手順で、android-support-v13.jarをライブラリ設定しておきます。



【手順2】
1.「AndroidManifest.xml」は以下の通り。
<manifest xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
    package="com.example.androidwearsample15_001"
    android:versionCode="1"
    android:versionName="1.0" >

    <uses-sdk
        android:minSdkVersion="20"
        android:targetSdkVersion="20" />

    <application
        android:allowBackup="true"
        android:icon="@drawable/ic_launcher"
        android:theme="@android:style/Theme.DeviceDefault.Light" >
        <activity android:name="com.example.androidwearsample15_001.MainActivity" >
            <intent-filter>
                <action android:name="android.intent.action.MAIN" />

                <category android:name="android.intent.category.LAUNCHER" />
            </intent-filter>
        </activity>
    </application>

</manifest>
2.「Ctrl+Shift+F」を押し、コードをフォーマッティング。
3.「Ctrl+S」を押し、ファイルを保存。



【手順3】
1.「res/layout/activity_main.xml」は以下の通り。
<android.support.v4.view.ViewPager xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
    android:id="@+id/pager"
    android:layout_width="match_parent"
    android:layout_height="match_parent" />
2.「Ctrl+Shift+F」を押し、コードをフォーマッティング。
3.「Ctrl+S」を押し、ファイルを保存。



【手順4】
1.「src/com/example/androidwearsample15_001/MainActivity.java」は以下の通り。
package com.example.androidwearsample15_001;

import java.util.ArrayList;
import java.util.List;

import android.app.Activity;
import android.app.Fragment;
import android.app.FragmentManager;
import android.os.Bundle;
import android.support.v13.app.FragmentPagerAdapter;
import android.support.v4.view.ViewPager;
import android.support.wearable.view.CardFragment;

public class MainActivity extends Activity {
    private ViewPager viewPager;

    @Override
    protected void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
        super.onCreate(savedInstanceState);
        setContentView(R.layout.activity_main);
        viewPager = (ViewPager) findViewById(R.id.pager);
        PagerAdapter adapter = new PagerAdapter(getFragmentManager());
        adapter.addFragment(SampleFragment.newInstance(1));
        adapter.addFragment(SampleFragment.newInstance(2));
        adapter.addFragment(SampleFragment.newInstance(3));
        viewPager.setAdapter(adapter);
    }

    private class PagerAdapter extends FragmentPagerAdapter {
        List<Fragment> fragmentList = null;

        public PagerAdapter(FragmentManager fragmentManager) {
            super(fragmentManager);
            fragmentList = new ArrayList<Fragment>();
        }

        @Override
        public Fragment getItem(int position) {
            return fragmentList.get(position);
        }

        @Override
        public int getCount() {
            return fragmentList.size();
        }

        public void addFragment(Fragment fragment) {
            fragmentList.add(fragment);
            notifyDataSetChanged();
        }
    }

    public static class SampleFragment extends CardFragment {
        private static SampleFragment newInstance(int pageNo) {
            Bundle bundle = new Bundle();
            bundle.putString(CardFragment.KEY_TITLE, pageNo + "ページ目");
            bundle.putString(CardFragment.KEY_TEXT, "本文1行目\n本文2行目\n本文3行目");
            SampleFragment sampleFragment = new SampleFragment();
            sampleFragment.setArguments(bundle);
            return sampleFragment;
        }
    }
}
2.「Ctrl+Shift+F」を押し、コードをフォーマッティング。
3.「Ctrl+S」を押し、ファイルを保存。



【手順5】
1.「Androidプロジェクトの作成・実行方法(バージョン別一覧)」のAndroidプロジェクトの実行手順で、実行。
※Android Wearの実機で動かす場合は、実機とPCをUSBで接続する。



【手順6】
1.Sumsung Gear Live(Android Wear)の場合、以下の様に表示されます。




2.スワイプでページを移動できます。

























以上です。


2014年7月23日水曜日

Android WearのGridViewPagerでカードをグリッド表示する方法

【目的】
Android WearのGridViewPagerでカードをグリッド表示させます。



【準備】
1.「Extrasライブラリ(Android Support Library v20等)のアップデート」の手順で、「Android Support Library」をv20に更新しておきます。
2.「wearable 1.0.0のライブラリプロジェクトの作成方法」の手順で、「wearable 1.0.0」のライブラリプロジェクトを作成しておきます。
※ADT23.0.2ではAndroid Wearに対応していない為の、暫定処置です。

※実機でデバッグする場合には以下を実行しておきます。
Sumsung Gear LiveのADBドライバのインストール方法」の手順で、ADBドライバをインストールしておきます。



【手順1】
1.「Androidプロジェクトの作成・実行方法(バージョン別一覧)」のAndroidプロジェクトの作成手順で、「AndroidWearSample14-001-GridViewPager」といプロジェクトを作成。
※プロジェクトの設定は以下の通り。
※他の項目は任意。
項目名 項目に設定する値
アプリケーション名(Application Name) com.example.androidwearsample14_001
プロジェクト名(Project Name) AndroidWearSample14-001-GridViewPager
パッケージ名(Package Name) com.example.androidwearsample14_001
Build SDK API 20
Minimum Required SDK API 20

2.「wearable 1.0.0プロジェクトをライブラリに指定する方法」の手順で、wearable 1.0.0をライブラリ設定しておきます。
3.「android-support-v13.jarをライブラリに設定する方法」の手順で、android-support-v13.jarをライブラリ設定しておきます。



【手順2】
1.「AndroidManifest.xml」は以下の通り。
<manifest xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
    package="com.example.androidwearsample14_001"
    android:versionCode="1"
    android:versionName="1.0" >

    <uses-sdk
        android:minSdkVersion="20"
        android:targetSdkVersion="20" />

    <application
        android:allowBackup="true"
        android:icon="@drawable/ic_launcher"
        android:theme="@android:style/Theme.DeviceDefault.Light" >
        <activity android:name="com.example.androidwearsample14_001.MainActivity" >
            <intent-filter>
                <action android:name="android.intent.action.MAIN" />

                <category android:name="android.intent.category.LAUNCHER" />
            </intent-filter>
        </activity>
    </application>

</manifest>
2.「Ctrl+Shift+F」を押し、コードをフォーマッティング。
3.「Ctrl+S」を押し、ファイルを保存。



【手順3】
1.「res/layout/activity_main.xml」は以下の通り。
<android.support.wearable.view.GridViewPager xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
    android:id="@+id/fragment_container"
    android:layout_width="match_parent"
    android:layout_height="match_parent" />
2.「Ctrl+Shift+F」を押し、コードをフォーマッティング。
3.「Ctrl+S」を押し、ファイルを保存。



【手順4】
1.「src/com/example/androidwearsample14_001/MainActivity.java」は以下の通り。
package com.example.androidwearsample14_001;

import android.app.Activity;
import android.app.Fragment;
import android.app.FragmentManager;
import android.os.Bundle;
import android.support.wearable.view.CardFragment;
import android.support.wearable.view.FragmentGridPagerAdapter;
import android.support.wearable.view.GridViewPager;

public class MainActivity extends Activity {
    private static final int NUMBER_ROW = 3;
    private static final int NUMBER_COL = 5;

    private MainAdapter mainAdapter;
    private GridViewPager gridViewPager;

    @Override
    protected void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
        super.onCreate(savedInstanceState);
        setContentView(R.layout.activity_main);
        gridViewPager = (GridViewPager) findViewById(R.id.fragment_container);
        mainAdapter = new MainAdapter(getFragmentManager());
        gridViewPager.setAdapter(mainAdapter);

    }

    private static class MainAdapter extends FragmentGridPagerAdapter {
        public MainAdapter(FragmentManager fragmentManager) {
            super(fragmentManager);
        }

        @Override
        public int getRowCount() {
            return NUMBER_ROW;
        }

        @Override
        public int getColumnCount(int row) {
            return NUMBER_COL;
        }

        @Override
        public Fragment getFragment(int row, int column) {
            return SampleFragment.newInstance(row, column);
        }
    }

    public static class SampleFragment extends CardFragment {
        private static SampleFragment newInstance(int row, int column) {
            Bundle bundle = new Bundle();
            bundle.putString(CardFragment.KEY_TITLE, (row + 1) + "行/" + (column + 1) + "列");
            bundle.putString(CardFragment.KEY_TEXT, "本文1行目\n本文2行目\n本文3行目");
            SampleFragment sampleFragment = new SampleFragment();
            sampleFragment.setArguments(bundle);
            return sampleFragment;
        }
    }
}
2.「Ctrl+Shift+F」を押し、コードをフォーマッティング。
3.「Ctrl+S」を押し、ファイルを保存。



【手順5】
1.「Androidプロジェクトの作成・実行方法(バージョン別一覧)」のAndroidプロジェクトの実行手順で、実行。
※Android Wearの実機で動かす場合は、実機とPCをUSBで接続する。



【手順6】
1.Sumsung Gear Live(Android Wear)の場合、以下の様に表示されます。




2.スワイプでグリッドを移動できます。

























以上です。

2014年7月21日月曜日

wearable 1.0.0プロジェクトをライブラリに指定する方法

【目的】
EclipseでAndroid Wearを開発出来るようwearable 1.0.0のプロジェクトをライブラリに指定します。
※ADT23.0.2ではAndroid Wearに対応していない為の、暫定処置です。



【準備】
1.「wearable 1.0.0のライブラリプロジェクトの作成方法」の手順で「wearable 1.0.0のライブラリプロジェクト」を作成しておきます。



【手順1】
1.「wearable-1.0.0」をライブラリに指定したいプロジェクトを選択し、右クリックからプロパティーを選択。




【手順2】
1.「Android」を選択。




【手順3】
1.「追加」ボタンをクリック。




【手順4】
1.「wearable-1.0.0」を選択。
2.「OK」ボタンをクリック。




【手順5】
1.「OK」ボタンをクリック。




【手順6】
1.以下の様にAndroid Dependenciesに「wearable-1.0.0.jar」が表示されれば完了です。




以上です。

Android WearでDelayedConfirmationViewで一定時間経過後処理をする方法

【目的】
Android WearでDelayedConfirmationViewを使用し一定時間経過後に処理をします。



【準備】
1.「Extrasライブラリ(Android Support Library v20等)のアップデート」の手順で、「Android Support Library」をv20に更新しておきます。
2.「wearable 1.0.0のライブラリプロジェクトの作成方法」の手順で、「wearable 1.0.0」のライブラリプロジェクトを作成しておきます。
※ADT23.0.2ではAndroid Wearに対応していない為の、暫定処置です。

※実機でデバッグする場合には以下を実行しておきます。
Sumsung Gear LiveのADBドライバのインストール方法」の手順で、ADBドライバをインストールしておきます。



【手順1】
1.「Androidプロジェクトの作成・実行方法(バージョン別一覧)」のAndroidプロジェクトの作成手順で、「AndroidWearSample13-001-DelayedConfirmationView」といプロジェクトを作成。
※プロジェクトの設定は以下の通り。
※他の項目は任意。
項目名 項目に設定する値
アプリケーション名(Application Name) com.example.androidwearsample13_001
プロジェクト名(Project Name) AndroidWearSample13-001-DelayedConfirmationView
パッケージ名(Package Name) com.example.androidwearsample13_001
Build SDK API 20
Minimum Required SDK API 20

2.「wearable 1.0.0プロジェクトをライブラリに指定する方法」の手順で、wearable 1.0.0をライブラリ設定しておきます。



【手順2】
1.「AndroidManifest.xml」は以下の通り。
<manifest xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
    package="com.example.androidwearsample13_001"
    android:versionCode="1"
    android:versionName="1.0" >

    <uses-sdk
        android:minSdkVersion="20"
        android:targetSdkVersion="20" />

    <application
        android:allowBackup="true"
        android:icon="@drawable/ic_launcher"
        android:theme="@android:style/Theme.DeviceDefault.Light" >
        <activity android:name="com.example.androidwearsample13_001.MainActivity" >
            <intent-filter>
                <action android:name="android.intent.action.MAIN" />

                <category android:name="android.intent.category.LAUNCHER" />
            </intent-filter>
        </activity>
    </application>

</manifest>
2.「Ctrl+Shift+F」を押し、コードをフォーマッティング。
3.「Ctrl+S」を押し、ファイルを保存。



【手順3】
1.「res/layout/activity_main.xml」は以下の通り。
<LinearLayout xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
    android:layout_width="match_parent"
    android:layout_height="wrap_content"
    android:orientation="vertical" >

    <Button
        android:layout_width="match_parent"
        android:layout_height="wrap_content"
        android:onClick="onClickButtonStart"
        android:text="スタート" />

    <android.support.wearable.view.DelayedConfirmationView
        xmlns:app="http://schemas.android.com/apk/res-auto"
        android:id="@+id/delayed_confirmation_view"
        android:layout_width="wrap_content"
        android:layout_height="wrap_content"
        android:layout_gravity="center"
        android:src="@drawable/ic_launcher"
        app:circle_border_color="@color/green"
        app:circle_border_width="10dp"
        app:circle_color="@color/blue"
        app:circle_padding="5dp"
        app:circle_radius="50dp" />

</LinearLayout>
2.「Ctrl+Shift+F」を押し、コードをフォーマッティング。
3.「Ctrl+S」を押し、ファイルを保存。



【手順4】
1.「src/com/example/androidwearsample13_001/MainActivity.java」は以下の通り。
package com.example.androidwearsample13_001;

import android.app.Activity;
import android.os.Bundle;
import android.support.wearable.view.DelayedConfirmationView;
import android.support.wearable.view.DelayedConfirmationView.DelayedConfirmationListener;
import android.view.View;
import android.widget.Toast;

public class MainActivity extends Activity implements DelayedConfirmationListener {

    @Override
    protected void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
        super.onCreate(savedInstanceState);
        setContentView(R.layout.activity_main);

    }

    public void onClickButtonStart(View view) {
        DelayedConfirmationView delayedConfirmationView = (DelayedConfirmationView) findViewById(R.id.delayed_confirmation_view);
        delayedConfirmationView.setTotalTimeMs(10 * 1000);
        delayedConfirmationView.setListener(this);
        delayedConfirmationView.start();
        Toast.makeText(this, "開始します。", Toast.LENGTH_SHORT).show();
    }

    @Override
    public void onTimerFinished(View v) {
        Toast.makeText(this, "終了しました。", Toast.LENGTH_SHORT).show();
        finish();
    }

    @Override
    public void onTimerSelected(View v) {
        Toast.makeText(this, "選択されました。", Toast.LENGTH_SHORT).show();
    }
}
2.「Ctrl+Shift+F」を押し、コードをフォーマッティング。
3.「Ctrl+S」を押し、ファイルを保存。



【手順5】
1.「Androidプロジェクトの作成・実行方法(バージョン別一覧)」のAndroidプロジェクトの実行手順で、実行。
※Android Wearの実機で動かす場合は、実機とPCをUSBで接続する。



【手順6】
1.Sumsung Gear Live(Android Wear)の場合、以下の様に表示されます。




2.「スタート」ボタンをタップして、開始。




3.画像をタップすると、選択イベントが起きます。




4.一定時間後に終了イベントが起きます。
※今回はWearアプリを終了させました。

























以上です。

Android WearでSwipeToDismissでスワイプで終了出来なくする方法

【目的】
Android WearでwindowSwipeToDismissの設定でスワイプで終了出来なくします。



【準備】
1.「Extrasライブラリ(Android Support Library v20等)のアップデート」の手順で、「Android Support Library」をv20に更新しておきます。
2.「wearable 1.0.0のライブラリプロジェクトの作成方法」の手順で、「wearable 1.0.0」のライブラリプロジェクトを作成しておきます。
※ADT23.0.2ではAndroid Wearに対応していない為の、暫定処置です。

※実機でデバッグする場合には以下を実行しておきます。
Sumsung Gear LiveのADBドライバのインストール方法」の手順で、ADBドライバをインストールしておきます。



【手順1】
1.「Androidプロジェクトの作成・実行方法(バージョン別一覧)」のAndroidプロジェクトの作成手順で、「AndroidWearSample12-001-SwipeToDismiss」といプロジェクトを作成。
※プロジェクトの設定は以下の通り。
※他の項目は任意。
項目名 項目に設定する値
アプリケーション名(Application Name) com.example.androidwearsample12_001
プロジェクト名(Project Name) AndroidWearSample12-001-SwipeToDismiss
パッケージ名(Package Name) com.example.androidwearsample12_001
Build SDK API 20
Minimum Required SDK API 20

2.「wearable 1.0.0プロジェクトをライブラリに指定する方法」の手順で、wearable 1.0.0をライブラリ設定しておきます。



【手順2】
1.「AndroidManifest.xml」は以下の通り。
<manifest xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
    package="com.example.androidwearsample12_001"
    android:versionCode="1"
    android:versionName="1.0" >

    <uses-sdk
        android:minSdkVersion="20"
        android:targetSdkVersion="20" />

    <application
        android:allowBackup="true"
        android:icon="@drawable/ic_launcher"
        android:theme="@style/AppTheme" >
        <activity android:name="com.example.androidwearsample12_001.MainActivity" >
            <intent-filter>
                <action android:name="android.intent.action.MAIN" />

                <category android:name="android.intent.category.LAUNCHER" />
            </intent-filter>
        </activity>
    </application>

</manifest>
2.「Ctrl+Shift+F」を押し、コードをフォーマッティング。
3.「Ctrl+S」を押し、ファイルを保存。



【手順3】
1.「res/values/styles.xml」は以下の通り。
<resources>

    <style name="AppTheme" parent="@android:style/Theme.DeviceDefault">
        <item name="android:windowSwipeToDismiss">false</item>
    </style>

</resources>
2.「Ctrl+Shift+F」を押し、コードをフォーマッティング。
3.「Ctrl+S」を押し、ファイルを保存。



【手順4】
1.「res/layout/activity_main.xml」は以下の通り。
<FrameLayout xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
    android:layout_width="match_parent"
    android:layout_height="match_parent" >

    <android.support.wearable.view.WatchViewStub
        xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
        xmlns:app="http://schemas.android.com/apk/res-auto"
        android:id="@+id/watch_view_stub"
        android:layout_width="match_parent"
        android:layout_height="match_parent"
        app:rectLayout="@layout/rect_layout"
        app:roundLayout="@layout/round_layout" >
    </android.support.wearable.view.WatchViewStub>

    <android.support.wearable.view.DismissOverlayView
        android:id="@+id/dismiss_overlay"
        android:layout_width="match_parent"
        android:layout_height="match_parent" />

</FrameLayout>
2.「Ctrl+Shift+F」を押し、コードをフォーマッティング。
3.「Ctrl+S」を押し、ファイルを保存。



【手順5】
1.「任意のファイルの作成方法」の手順で「res/layout/rect_layout.xml」を作成。
2.「res/layout/rect_layout.xml」は以下の通り。
<LinearLayout xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
    android:layout_width="match_parent"
    android:layout_height="match_parent"
    android:orientation="vertical" 
    android:onClick="onLayoutClick">

    <TextView
        android:id="@+id/text"
        android:layout_width="wrap_content"
        android:layout_height="wrap_content"
        android:text="Square" />

</LinearLayout>
3.「Ctrl+Shift+F」を押し、コードをフォーマッティング。
4.「Ctrl+S」を押し、ファイルを保存。



【手順6】
1.「任意のファイルの作成方法」の手順で「res/layout/round_layout.xml」を作成。
2.「res/layout/rect_layout.xml」は以下の通り。
<RelativeLayout xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
    android:layout_width="match_parent"
    android:layout_height="match_parent"
    android:onClick="onLayoutClick" >

    <TextView
        android:id="@+id/text"
        android:layout_width="wrap_content"
        android:layout_height="wrap_content"
        android:layout_centerHorizontal="true"
        android:layout_centerVertical="true"
        android:text="Round" />

</RelativeLayout>
3.「Ctrl+Shift+F」を押し、コードをフォーマッティング。
4.「Ctrl+S」を押し、ファイルを保存。



【手順7】
1.「src/com/example/androidwearsample12_001/MainActivity.java」は以下の通り。
package com.example.androidwearsample12_001;

import android.app.Activity;
import android.os.Bundle;
import android.support.wearable.view.DismissOverlayView;
import android.view.View;

public class MainActivity extends Activity {
    private DismissOverlayView dismissOverlayView;

    @Override
    protected void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
        super.onCreate(savedInstanceState);
        setContentView(R.layout.activity_main);

        dismissOverlayView = (DismissOverlayView) findViewById(R.id.dismiss_overlay);
    }

    public void onLayoutClick(View view) {
        dismissOverlayView.show();
    }
}
2.「Ctrl+Shift+F」を押し、コードをフォーマッティング。
3.「Ctrl+S」を押し、ファイルを保存。



【手順8】
1.「Androidプロジェクトの作成・実行方法(バージョン別一覧)」のAndroidプロジェクトの実行手順で、実行。
※Android Wearの実機で動かす場合は、実機とPCをUSBで接続する。



【手順9】
1.Sumsung Gear Live(Android Wear)の場合、以下の様に表示され、左から右にスワイプしても終了しません。




2.終了は画面をタップして終了します。




3.丸型のエミュレータの場合、以下の様に表示され、左から右にスワイプしても終了しません。































以上です。

Android WearでDismissOverlayViewを表示する方法

【目的】
Android WearでDismissOverlayViewを表示し、Wearアプリを終了させます。



【準備】
1.「Extrasライブラリ(Android Support Library v20等)のアップデート」の手順で、「Android Support Library」をv20に更新しておきます。
2.「wearable 1.0.0のライブラリプロジェクトの作成方法」の手順で、「wearable 1.0.0」のライブラリプロジェクトを作成しておきます。
※ADT23.0.2ではAndroid Wearに対応していない為の、暫定処置です。

※実機でデバッグする場合には以下を実行しておきます。
Sumsung Gear LiveのADBドライバのインストール方法」の手順で、ADBドライバをインストールしておきます。



【手順1】
1.「Androidプロジェクトの作成・実行方法(バージョン別一覧)」のAndroidプロジェクトの作成手順で、「AndroidWearSample11-001-DismissOverlayView」といプロジェクトを作成。
※プロジェクトの設定は以下の通り。
※他の項目は任意。
項目名 項目に設定する値
アプリケーション名(Application Name) com.example.androidwearsample11_001
プロジェクト名(Project Name) AndroidWearSample11-001-DismissOverlayView
パッケージ名(Package Name) com.example.androidwearsample11_001
Build SDK API 20
Minimum Required SDK API 20

2.「wearable 1.0.0プロジェクトをライブラリに指定する方法」の手順で、wearable 1.0.0をライブラリ設定しておきます。



【手順2】
1.「AndroidManifest.xml」は以下の通り。
<manifest xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
    package="com.example.androidwearsample11_001"
    android:versionCode="1"
    android:versionName="1.0" >

    <uses-sdk
        android:minSdkVersion="20"
        android:targetSdkVersion="20" />

    <application
        android:allowBackup="true"
        android:icon="@drawable/ic_launcher"
        android:theme="@android:style/Theme.DeviceDefault" >
        <activity android:name="com.example.androidwearsample11_001.MainActivity" >
            <intent-filter>
                <action android:name="android.intent.action.MAIN" />

                <category android:name="android.intent.category.LAUNCHER" />
            </intent-filter>
        </activity>
    </application>

</manifest>
2.「Ctrl+Shift+F」を押し、コードをフォーマッティング。
3.「Ctrl+S」を押し、ファイルを保存。
※デバイスの形によるlayoutファイルの切り替えには「application」の「android:theme」に「Theme.DeviceDefault」をセットしておく必要があるようです。



【手順3】
1.「res/layout/activity_main.xml」は以下の通り。
<FrameLayout xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
    android:layout_width="match_parent"
    android:layout_height="match_parent" >

    <android.support.wearable.view.WatchViewStub
        xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
        xmlns:app="http://schemas.android.com/apk/res-auto"
        android:id="@+id/watch_view_stub"
        android:layout_width="match_parent"
        android:layout_height="match_parent"
        app:rectLayout="@layout/rect_layout"
        app:roundLayout="@layout/round_layout" >
    </android.support.wearable.view.WatchViewStub>

    <android.support.wearable.view.DismissOverlayView
        android:id="@+id/dismiss_overlay"
        android:layout_width="match_parent"
        android:layout_height="match_parent" />

</FrameLayout>
2.「Ctrl+Shift+F」を押し、コードをフォーマッティング。
3.「Ctrl+S」を押し、ファイルを保存。



【手順4】
1.「任意のファイルの作成方法」の手順で「res/layout/rect_layout.xml」を作成。
2.「res/layout/rect_layout.xml」は以下の通り。
<LinearLayout xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
    android:layout_width="match_parent"
    android:layout_height="match_parent"
    android:orientation="vertical" 
    android:onClick="onLayoutClick">

    <TextView
        android:id="@+id/text"
        android:layout_width="wrap_content"
        android:layout_height="wrap_content"
        android:text="Square" />

</LinearLayout>
3.「Ctrl+Shift+F」を押し、コードをフォーマッティング。
4.「Ctrl+S」を押し、ファイルを保存。



【手順5】
1.「任意のファイルの作成方法」の手順で「res/layout/round_layout.xml」を作成。
2.「res/layout/rect_layout.xml」は以下の通り。
<RelativeLayout xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
    android:layout_width="match_parent"
    android:layout_height="match_parent"
    android:onClick="onLayoutClick" >

    <TextView
        android:id="@+id/text"
        android:layout_width="wrap_content"
        android:layout_height="wrap_content"
        android:layout_centerHorizontal="true"
        android:layout_centerVertical="true"
        android:text="Round" />

</RelativeLayout>
3.「Ctrl+Shift+F」を押し、コードをフォーマッティング。
4.「Ctrl+S」を押し、ファイルを保存。



【手順6】
1.「src/com/example/androidwearsample11_001/MainActivity.java」は以下の通り。
package com.example.androidwearsample11_001;

import android.app.Activity;
import android.os.Bundle;
import android.support.wearable.view.DismissOverlayView;
import android.view.View;

public class MainActivity extends Activity {
    private DismissOverlayView dismissOverlayView;

    @Override
    protected void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
        super.onCreate(savedInstanceState);
        setContentView(R.layout.activity_main);

        dismissOverlayView = (DismissOverlayView) findViewById(R.id.dismiss_overlay);
    }

    public void onLayoutClick(View view) {
        dismissOverlayView.show();
    }
}
2.「Ctrl+Shift+F」を押し、コードをフォーマッティング。
3.「Ctrl+S」を押し、ファイルを保存。



【手順7】
1.「Androidプロジェクトの作成・実行方法(バージョン別一覧)」のAndroidプロジェクトの実行手順で、実行。
※Android Wearの実機で動かす場合は、実機とPCをUSBで接続する。



【手順8】
1.Sumsung Gear Live(Android Wear)の場合、以下の様に表示されます。




2.タップすると×アイコンが表示され、×をタップするとWearアプリが終了します。




3.丸型のエミュレータの場合、以下の様に表示されます。

























以上です。

Android WearでHelloWorldを表示する方法

【目的】
Android WearでHello Worldを表示します。



【準備】
1.「Extrasライブラリ(Android Support Library v20等)のアップデート」の手順で、「Android Support Library」をv20に更新しておきます。
2.「wearable 1.0.0のライブラリプロジェクトの作成方法」の手順で、「wearable 1.0.0」のライブラリプロジェクトを作成しておきます。
※ADT23.0.2ではAndroid Wearに対応していない為の、暫定処置です。

※実機でデバッグする場合には以下を実行しておきます。
Sumsung Gear LiveのADBドライバのインストール方法」の手順で、ADBドライバをインストールしておきます。



【手順1】
1.「Androidプロジェクトの作成・実行方法(バージョン別一覧)」のAndroidプロジェクトの作成手順で、「AndroidWearSample10-001-HelloWear」といプロジェクトを作成。
※プロジェクトの設定は以下の通り。
※他の項目は任意。
項目名 項目に設定する値
アプリケーション名(Application Name) com.example.androidwearsample10_001
プロジェクト名(Project Name) AndroidWearSample10-001-HelloWear
パッケージ名(Package Name) com.example.androidwearsample10_001
Build SDK API 20
Minimum Required SDK API 20

2.「wearable 1.0.0プロジェクトをライブラリに指定する方法」の手順で、wearable 1.0.0をライブラリ設定しておきます。



【手順2】
1.「AndroidManifest.xml」は以下の通り。
<manifest xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
    package="com.example.androidwearsample10_001"
    android:versionCode="1"
    android:versionName="1.0" >

    <uses-sdk
        android:minSdkVersion="20"
        android:targetSdkVersion="20" />

    <application
        android:allowBackup="true"
        android:icon="@drawable/ic_launcher"
        android:theme="@android:style/Theme.DeviceDefault" >
        <activity android:name="com.example.androidwearsample10_001.MainActivity" >
            <intent-filter>
                <action android:name="android.intent.action.MAIN" />

                <category android:name="android.intent.category.LAUNCHER" />
            </intent-filter>
        </activity>
    </application>

</manifest>
2.「Ctrl+Shift+F」を押し、コードをフォーマッティング。
3.「Ctrl+S」を押し、ファイルを保存。
※デバイスの形によるlayoutファイルの切り替えには「application」の「android:theme」に「Theme.DeviceDefault」をセットしておく必要があるようです。



【手順3】
1.「res/layout/activity_main.xml」は以下の通り。
<android.support.wearable.view.WatchViewStub xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
    xmlns:app="http://schemas.android.com/apk/res-auto"
    android:id="@+id/watch_view_stub"
    android:layout_width="match_parent"
    android:layout_height="match_parent"
    app:rectLayout="@layout/rect_layout"
    app:roundLayout="@layout/round_layout" >

</android.support.wearable.view.WatchViewStub>
2.「Ctrl+Shift+F」を押し、コードをフォーマッティング。
3.「Ctrl+S」を押し、ファイルを保存。



【手順4】
1.「任意のファイルの作成方法」の手順で「res/layout/rect_layout.xml」を作成。
2.「res/layout/rect_layout.xml」は以下の通り。
<LinearLayout xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
    android:layout_width="match_parent"
    android:layout_height="match_parent"
    android:orientation="vertical" >

    <TextView
        android:id="@+id/text"
        android:layout_width="wrap_content"
        android:layout_height="wrap_content"
        android:text="Square" />

</LinearLayout>
3.「Ctrl+Shift+F」を押し、コードをフォーマッティング。
4.「Ctrl+S」を押し、ファイルを保存。



【手順5】
1.「任意のファイルの作成方法」の手順で「res/layout/round_layout.xml」を作成。
2.「res/layout/rect_layout.xml」は以下の通り。
<RelativeLayout xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
    android:layout_width="match_parent"
    android:layout_height="match_parent" >

    <TextView
        android:id="@+id/text"
        android:layout_width="wrap_content"
        android:layout_height="wrap_content"
        android:layout_centerHorizontal="true"
        android:layout_centerVertical="true"
        android:text="Round" />

</RelativeLayout>
3.「Ctrl+Shift+F」を押し、コードをフォーマッティング。
4.「Ctrl+S」を押し、ファイルを保存。



【手順6】
1.「src/com/example/androidwearsample10_001/MainActivity.java」は以下の通り。
package com.example.androidwearsample10_001;

import android.app.Activity;
import android.os.Bundle;
import android.support.wearable.view.WatchViewStub;
import android.widget.TextView;

public class MainActivity extends Activity {
    private TextView textView;

    @Override
    protected void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
        super.onCreate(savedInstanceState);
        setContentView(R.layout.activity_main);

        WatchViewStub stub = (WatchViewStub) findViewById(R.id.watch_view_stub);
        stub.setOnLayoutInflatedListener(new WatchViewStub.OnLayoutInflatedListener() {
            @Override
            public void onLayoutInflated(WatchViewStub stub) {
                textView = (TextView) stub.findViewById(R.id.text);
                String message = "Hello Wear,  " + textView.getText();
                textView.setText(message);
            }
        });
    }
}
2.「Ctrl+Shift+F」を押し、コードをフォーマッティング。
3.「Ctrl+S」を押し、ファイルを保存。



【手順7】
1.「Androidプロジェクトの作成・実行方法(バージョン別一覧)」のAndroidプロジェクトの実行手順で、実行。
※Android Wearの実機で動かす場合は、実機とPCをUSBで接続する。



【手順8】
1.Sumsung Gear Live(Android Wear)の場合、以下の様に表示されます。




2.丸型のエミュレータの場合、以下の様に表示されます。































以上です。

wearable 1.0.0のライブラリプロジェクトの作成方法

【目的】
EclipseでAndroid Wearを開発出来るようwearable 1.0.0のライブラリプロジェクトを作成します。
※ADT23.0.2ではAndroid Wearに対応していない為の、暫定処置です。



【準備】
1.「Extrasライブラリ(Google Repository v9)のインストール方法」の手順で「Google Repository」をインストールしておきます。
2.「Extrasライブラリ(Android Support Repository v6)のインストール方法」の手順で「Android Support Repository」をインストールしておきます。



【手順1】
1.Android SDKのインストールディレクトリ以下の「extras/google/m2repository/com/google/android/support/wearable/1.0.0」に移動。
2.「wearable-1.0.0.aar」を選択し、右クリックからコピーを選択。




【手順2】
1.任意のディレクトリに移動し「CTRL+V」で貼り付け。




【手順3】
1.「F2」キーを押下し、ファイル名を「wearable-1.0.0.zip」に変更




【手順4】
1.「wearable-1.0.0.zip」を選択し、右クリックからWINRARの「wearable-1.0.0」に解凍を選択。




【手順5】
1.解凍した「wearable-1.0.0」に移動。
2.右クリックから「新規作成」⇒「フォルダー」を選択。




【手順6】
1.フォルダー名を「libs」に変更。




【手順7】
1.「classes.jar」をドラックアンドドロップで「libs」ディレクトリに移動。




【手順8】
1.Eclipseのメニューから「ファイル」⇒「インポート」を選択。




【手順9】
1.「Android」⇒「Existing Android Code Into Workspace」を選択。
2.「次へ」ボタンをクリック。




【手順10】
1.「参照」ボタンをクリック。




【手順11】
1.【手順1】~【手順8】で作成した「wearable-1.0.0」ディレクトリを指定。
2.「OK」ボタンをクリック。




【手順12】
1.「プロジェクトをワークスペースにコピー」をチェック。
2.「完了」ボタンをクリック。




【手順13】
1.以下の様に「wearable-1.0.0」プロジェクトが作成されます。
2.以下のようなエラーが出ています。
No resource found that matches the given name: attr 'android:windowSwipeToDismiss'.




【手順14】
1.「wearable-1.0.0」プロジェクトを選択し、右クリックからプロパティーを選択。




【手順15】
1.「Android」を選択。




【手順16】
1.「Android 4.4W」を選択。
2.「Is Library」をチェック。
3.「OK」ボタンをクリック。




【手順17】
1.「wearable-1.0.0」プロジェクトを選択し、メニューから「プロジェクト」⇒「クリーン」を選択。




【手順18】
1.以下の様にエラーが無くなれば完了です。




以上です。

2014年7月18日金曜日

Extrasライブラリ(Android Support Repository v6)のインストール方法

【目的】
Androidの開発環境のAndroid SDKのExtrasライブラリ(Android Support Repository v6)をインストールする。



【手順1】
1.「SDK Managerの起動方法」の手順で「Android SDK Manager」を起動。
2.「Android Support Repository」を選択。
3.「Install 1 packages」のボタンをクリック。




【手順2】
1.ライセンスを確認する。
2.「Accept License」を選択。
3.「Install」ボタンをクリックする。




【手順3】
1.更新作業が始まるので待つ。(画面下)




【手順4】
1.無事に更新が完了し、リビジョン(Rev.)が最新化されていれば成功です。









































以上です。

関連記事