最近の更新

2013年4月30日火曜日

AdMobXML設定

【目的】
AndroidでAdMobの広告をレイアウトXMLの定義で表示します。



【手順1】
1.「Androidプロジェクトの作成・実行方法(バージョン別一覧)」のAndroidプロジェクトの作成手順で、「AndroidSample20-002-AdMobXml」といプロジェクトを作成。
※プロジェクトの設定は以下の通り。
※他の項目は任意。
項目名 項目に設定する値
アプリケーション名(Application Name) com.example.androidsample20_002
プロジェクト名(Project Name) AndroidSample20-002-AdMobXml
パッケージ名(Package Name) com.example.androidsample20_002
Build SDK API 13
Minimum Required SDK API 8
2.「AdMob6.4.1をライブラリに設定する方法」の手順で、ライブラリを設定。



【手順2】
1.「AndroidManifest.xml」は以下の通り。
<manifest xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
    package="com.example.androidsample20_002"
    android:versionCode="1"
    android:versionName="1.0" >

    <uses-sdk
        android:minSdkVersion="8"
        android:targetSdkVersion="13" />

    <uses-permission android:name="android.permission.ACCESS_NETWORK_STATE" />
    <uses-permission android:name="android.permission.INTERNET" />

    <application
        android:icon="@drawable/ic_launcher"
        android:label="@string/app_name"
        android:theme="@style/AppTheme" >
        <activity
            android:name="com.example.androidsample20_002.MainActivity"
            android:label="@string/title_activity_main" >
            <intent-filter>
                <action android:name="android.intent.action.MAIN" />

                <category android:name="android.intent.category.LAUNCHER" />
            </intent-filter>
        </activity>
        <activity
            android:name="com.google.ads.AdActivity"
            android:configChanges="keyboard|keyboardHidden|orientation|screenLayout|uiMode|screenSize|smallestScreenSize" />
    </application>

</manifest>
2.「Ctrl+Shift+F」を押し、コードをフォーマッティング。
3.「Ctrl+S」を押し、ファイルを保存。



【手順3】
1.「res/layout/activity_main.xml」は以下の通り。
<LinearLayout xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
    xmlns:ads="http://schemas.android.com/apk/lib/com.google.ads"
    android:layout_width="match_parent"
    android:layout_height="match_parent"
    android:orientation="vertical" >

    <com.google.ads.AdView
        android:id="@+id/adView"
        android:layout_width="wrap_content"
        android:layout_height="wrap_content"
        ads:adSize="BANNER"
        ads:adUnitId="【パブリッシャーIDを指定】"
        ads:loadAdOnCreate="true"
        ads:testDevices="TEST_EMULATOR" />

</LinearLayout>
2.「Ctrl+Shift+F」を押し、コードをフォーマッティング。
3.「Ctrl+S」を押し、ファイルを保存。



【手順4】
1.「src/com/example/androidsample20_002/MainActivity.java」は以下の通り。
package com.example.androidsample20_002;

import android.app.Activity;
import android.os.Bundle;

public class MainActivity extends Activity {
    @Override
    public void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
        super.onCreate(savedInstanceState);
        setContentView(R.layout.activity_main);
    }
}
2.「Ctrl+Shift+F」を押し、コードをフォーマッティング。
3.「Ctrl+S」を押し、ファイルを保存。



【手順5】
1.「Androidプロジェクトの作成・実行方法(バージョン別一覧)」のAndroidプロジェクトの実行手順で、実行。



【手順6】
1.以下の様に表示されれば成功です。










































以上です。

AdMob

【目的】
AndroidでAdMobの広告を表示します。



【手順1】
1.「Androidプロジェクトの作成・実行方法(バージョン別一覧)」のAndroidプロジェクトの作成手順で、「AndroidSample20-001-AdMob」といプロジェクトを作成。
※プロジェクトの設定は以下の通り。
※他の項目は任意。
項目名 項目に設定する値
アプリケーション名(Application Name) com.example.androidsample20_001
プロジェクト名(Project Name) AndroidSample20-001-AdMob
パッケージ名(Package Name) com.example.androidsample20_001
Build SDK API 13
Minimum Required SDK API 8
2.「AdMob6.4.1をライブラリに設定する方法」の手順で、ライブラリを設定。



【手順2】
1.「AndroidManifest.xml」は以下の通り。
<manifest xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
    package="com.example.androidsample20_001"
    android:versionCode="1"
    android:versionName="1.0" >

    <uses-sdk
        android:minSdkVersion="8"
        android:targetSdkVersion="13" />

    <uses-permission android:name="android.permission.ACCESS_NETWORK_STATE" />
    <uses-permission android:name="android.permission.INTERNET" />

    <application
        android:icon="@drawable/ic_launcher"
        android:label="@string/app_name"
        android:theme="@style/AppTheme" >
        <activity
            android:name="com.example.androidsample20_001.MainActivity"
            android:label="@string/title_activity_main" >
            <intent-filter>
                <action android:name="android.intent.action.MAIN" />

                <category android:name="android.intent.category.LAUNCHER" />
            </intent-filter>
        </activity>
        <activity
            android:name="com.google.ads.AdActivity"
            android:configChanges="keyboard|keyboardHidden|orientation|screenLayout|uiMode|screenSize|smallestScreenSize" />
    </application>

</manifest>
2.「Ctrl+Shift+F」を押し、コードをフォーマッティング。
3.「Ctrl+S」を押し、ファイルを保存。



【手順3】
1.「res/layout/activity_main.xml」は以下の通り。
<LinearLayout xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
    android:id="@+id/activity_main_root"
    android:layout_width="match_parent"
    android:layout_height="match_parent"
    android:orientation="vertical" >

</LinearLayout>
2.「Ctrl+Shift+F」を押し、コードをフォーマッティング。
3.「Ctrl+S」を押し、ファイルを保存。



【手順4】
1.「src/com/example/androidsample20_001/MainActivity.java」は以下の通り。
package com.example.androidsample20_001;

import android.app.Activity;
import android.os.Bundle;
import android.widget.LinearLayout;

import com.google.ads.AdRequest;
import com.google.ads.AdSize;
import com.google.ads.AdView;

public class MainActivity extends Activity {
    private AdView adView;

    @Override
    public void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
        super.onCreate(savedInstanceState);
        setContentView(R.layout.activity_main);

        adView = new AdView(this, AdSize.BANNER, "【パブリッシャーIDを指定】");
        LinearLayout layout = (LinearLayout) findViewById(R.id.activity_main_root);
        layout.addView(adView);

        AdRequest adRequest = new AdRequest();
        adRequest.addTestDevice(AdRequest.TEST_EMULATOR);
        adView.loadAd(adRequest);
    }

    @Override
    public void onDestroy() {
        adView.destroy();
        super.onDestroy();
    }
}
2.「Ctrl+Shift+F」を押し、コードをフォーマッティング。
3.「Ctrl+S」を押し、ファイルを保存。



【手順5】
1.「Androidプロジェクトの作成・実行方法(バージョン別一覧)」のAndroidプロジェクトの実行手順で、実行。



【手順6】
1.以下の様に表示されれば成功です。










































以上です。

AdMob6.4.1をライブラリに設定する方法

【目的】
AndroidのアプリにAdMobの広告を出します。



【手順1】
1.「AdMob6.4.1の解凍方法」の手順で解凍した、「GoogleAdMobAdsSdk-6.4.1.jar」を選択し、右クリックから「コピー」を選択。




【手順2】
1.AdMobを使用したいプロジェクトの「libs」ディレクトリを選択し、「Ctrl+V」で貼り付け。




【手順3】
1.AdMobを使用したいプロジェクトを選択し、右クリックから「プロパティー」を選択。




【手順4】
1.左のメニューから「Javaのビルド・パス」を選択。




【手順5】
1.「ライブラリー」を選択。




【手順6】
1.「Jar追加」ボタンをクリック。




【手順7】
1.【手順2】で貼り付けたJarファイルを選択。
2.「OK」ボタンをクリック。




【手順8】
1.「OK」ボタンをクリック。




【手順9】
1.以下の様にAndroid Dependenciesに「GoogleAdMobAdsSdk-6.4.1.jar」が表示されていれば成功です。




以上です。

AdMob6.4.1の解凍方法

【目的】
AndroidのアプリにAdMobの広告を出します。



【手順1】
1.「AdMob6.4.1のダウンロード方法」の手順でダウンロードした、「GoogleAdMobAdsSdkAndroid.zip」を選択し、右クリックからWinRARの「ここに解凍」を選択。




【手順2】
1.解凍されたディレクトリ内の「GoogleAdMobAdsSdk-6.4.1.jar」がライブラリになります。












































以上です。

AdMob6.4.1のダウンロード方法

【目的】
AndroidのアプリにAdMobの広告を出します。



【手順1】
1.「Google AdMob Ads ADKのホームページ」にアクセス。
2.「SDK Downloads」をクリック。




【手順2】
1.「GoogleAdMobAdsSdkAndroid.zip」をクリック。




【手順3】
1.保存場所を選択。
2.「保存」ボタンをクリック。




























以上です。

ListViewSimpleListItemMultipleChoiceのChoiceModeがMULTIPLE

【目的】
AndroidでListViewのアダプターに「android.R.layout.simple_list_item_multiple_choice」且つ、ChoiceModeに「CHOICE_MODE_MULTIPLE」を指定。



【手順1】
1.「Androidプロジェクトの作成・実行方法(バージョン別一覧)」のAndroidプロジェクトの作成手順で、「AndroidSample12-012-ListViewSimpleListItemMultipleChoiceModeMULTIPLE」といプロジェクトを作成。
※プロジェクトの設定は以下の通り。
※他の項目は任意。
項目名 項目に設定する値
アプリケーション名(Application Name) com.example.androidsample12_012
プロジェクト名(Project Name) AndroidSample12-012-ListViewSimpleListItemMultipleChoiceModeMULTIPLE
パッケージ名(Package Name) com.example.androidsample12_012
Build SDK API 8
Minimum Required SDK API 8



【手順2】
1.「AndroidManifest.xml」は以下の通り。
<manifest xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
    package="com.example.androidsample12_012"
    android:versionCode="1"
    android:versionName="1.0" >

    <uses-sdk
        android:minSdkVersion="8"
        android:targetSdkVersion="8" />

    <application
        android:icon="@drawable/ic_launcher"
        android:label="@string/app_name"
        android:theme="@style/AppTheme" >
        <activity
            android:name="com.example.androidsample12_012.MainActivity"
            android:label="@string/title_activity_main" >
            <intent-filter>
                <action android:name="android.intent.action.MAIN" />

                <category android:name="android.intent.category.LAUNCHER" />
            </intent-filter>
        </activity>
    </application>

</manifest>
2.「Ctrl+Shift+F」を押し、コードをフォーマッティング。
3.「Ctrl+S」を押し、ファイルを保存。



【手順3】
1.「res/layout/activity_main.xml」は以下の通り。
<LinearLayout xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
    android:layout_width="fill_parent"
    android:layout_height="fill_parent"
    android:orientation="vertical" >

    <ListView
        android:id="@+id/listView"
        android:layout_width="fill_parent"
        android:layout_height="fill_parent" />

</LinearLayout>
2.「Ctrl+Shift+F」を押し、コードをフォーマッティング。
3.「Ctrl+S」を押し、ファイルを保存。



【手順4】
1.「src/com/example/androidsample12_012/MainActivity.java」は以下の通り。
package com.example.androidsample12_012;

import android.app.Activity;
import android.os.Bundle;
import android.view.View;
import android.widget.AdapterView;
import android.widget.AdapterView.OnItemClickListener;
import android.widget.ArrayAdapter;
import android.widget.ListView;
import android.widget.Toast;

public class MainActivity extends Activity {
    private static final String[] WORDS = { "AAA", "BBB", "CCC", "DDD", "EEE", "FFF", "GGG" };

    @Override
    public void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
        super.onCreate(savedInstanceState);
        setContentView(R.layout.activity_main);

        ListView listView = (ListView) findViewById(R.id.listView);
        listView.setAdapter(new ArrayAdapter<String>(this, android.R.layout.simple_list_item_multiple_choice, WORDS));
        listView.setChoiceMode(ListView.CHOICE_MODE_MULTIPLE);

        listView.setOnItemClickListener(new OnItemClickListener() {
            public void onItemClick(AdapterView<?> parent, View view, int position, long id) {
                String message = WORDS[position] + "がクリックされました。";
                Toast.makeText(MainActivity.this, message, Toast.LENGTH_SHORT).show();
            }
        });
    }
}
2.「Ctrl+Shift+F」を押し、コードをフォーマッティング。
3.「Ctrl+S」を押し、ファイルを保存。



【手順5】
1.「Androidプロジェクトの作成・実行方法(バージョン別一覧)」のAndroidプロジェクトの実行手順で、実行。



【手順6】
1.以下の様に表示されれば成功です。












































【結論】
チェックのアイコンが表示されます。

クリック時には複数チェックされます。



以上です。

ListViewSimpleListItemMultipleChoiceのChoiceModeがSINGLE

【目的】
AndroidでListViewのアダプターに「android.R.layout.simple_list_item_multiple_choice」且つ、ChoiceModeに「CHOICE_MODE_SINGLE」を指定。



【手順1】
1.「Androidプロジェクトの作成・実行方法(バージョン別一覧)」のAndroidプロジェクトの作成手順で、「AndroidSample12-011-ListViewSimpleListItemMultipleChoiceModeSINGLE」といプロジェクトを作成。
※プロジェクトの設定は以下の通り。
※他の項目は任意。
項目名 項目に設定する値
アプリケーション名(Application Name) com.example.androidsample12_011
プロジェクト名(Project Name) AndroidSample12-011-ListViewSimpleListItemMultipleChoiceModeSINGLE
パッケージ名(Package Name) com.example.androidsample12_011
Build SDK API 8
Minimum Required SDK API 8



【手順2】
1.「AndroidManifest.xml」は以下の通り。
<manifest xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
    package="com.example.androidsample12_011"
    android:versionCode="1"
    android:versionName="1.0" >

    <uses-sdk
        android:minSdkVersion="8"
        android:targetSdkVersion="8" />

    <application
        android:icon="@drawable/ic_launcher"
        android:label="@string/app_name"
        android:theme="@style/AppTheme" >
        <activity
            android:name="com.example.androidsample12_011.MainActivity"
            android:label="@string/title_activity_main" >
            <intent-filter>
                <action android:name="android.intent.action.MAIN" />

                <category android:name="android.intent.category.LAUNCHER" />
            </intent-filter>
        </activity>
    </application>

</manifest>
2.「Ctrl+Shift+F」を押し、コードをフォーマッティング。
3.「Ctrl+S」を押し、ファイルを保存。



【手順3】
1.「res/layout/activity_main.xml」は以下の通り。
<LinearLayout xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
    android:layout_width="fill_parent"
    android:layout_height="fill_parent"
    android:orientation="vertical" >

    <ListView
        android:id="@+id/listView"
        android:layout_width="fill_parent"
        android:layout_height="fill_parent" />

</LinearLayout>
2.「Ctrl+Shift+F」を押し、コードをフォーマッティング。
3.「Ctrl+S」を押し、ファイルを保存。



【手順4】
1.「src/com/example/androidsample12_011/MainActivity.java」は以下の通り。
package com.example.androidsample12_011;

import android.app.Activity;
import android.os.Bundle;
import android.view.View;
import android.widget.AdapterView;
import android.widget.AdapterView.OnItemClickListener;
import android.widget.ArrayAdapter;
import android.widget.ListView;
import android.widget.Toast;

public class MainActivity extends Activity {
    private static final String[] WORDS = { "AAA", "BBB", "CCC", "DDD", "EEE", "FFF", "GGG" };

    @Override
    public void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
        super.onCreate(savedInstanceState);
        setContentView(R.layout.activity_main);

        ListView listView = (ListView) findViewById(R.id.listView);
        listView.setAdapter(new ArrayAdapter<String>(this, android.R.layout.simple_list_item_multiple_choice, WORDS));
        listView.setChoiceMode(ListView.CHOICE_MODE_SINGLE);

        listView.setOnItemClickListener(new OnItemClickListener() {
            public void onItemClick(AdapterView<?> parent, View view, int position, long id) {
                String message = WORDS[position] + "がクリックされました。";
                Toast.makeText(MainActivity.this, message, Toast.LENGTH_SHORT).show();
            }
        });
    }
}
2.「Ctrl+Shift+F」を押し、コードをフォーマッティング。
3.「Ctrl+S」を押し、ファイルを保存。



【手順5】
1.「Androidプロジェクトの作成・実行方法(バージョン別一覧)」のAndroidプロジェクトの実行手順で、実行。



【手順6】
1.以下の様に表示されれば成功です。












































【結論】
チェックのアイコンが表示されます。

クリック時には排他的にチェックされます。



以上です。

ListViewSimpleListItemMultipleChoiceのChoiceModeがNONE

【目的】
AndroidでListViewのアダプターに「android.R.layout.simple_list_item_multiple_choice」且つ、ChoiceModeに「CHOICE_MODE_NONE」を指定。



【手順1】
1.「Androidプロジェクトの作成・実行方法(バージョン別一覧)」のAndroidプロジェクトの作成手順で、「AndroidSample12-010-ListViewSimpleListItemMultipleChoiceModeNONE」といプロジェクトを作成。
※プロジェクトの設定は以下の通り。
※他の項目は任意。
項目名 項目に設定する値
アプリケーション名(Application Name) com.example.androidsample12_010
プロジェクト名(Project Name) AndroidSample12-010-ListViewSimpleListItemMultipleChoiceModeNONE
パッケージ名(Package Name) com.example.androidsample12_010
Build SDK API 8
Minimum Required SDK API 8



【手順2】
1.「AndroidManifest.xml」は以下の通り。
<manifest xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
    package="com.example.androidsample12_010"
    android:versionCode="1"
    android:versionName="1.0" >

    <uses-sdk
        android:minSdkVersion="8"
        android:targetSdkVersion="8" />

    <application
        android:icon="@drawable/ic_launcher"
        android:label="@string/app_name"
        android:theme="@style/AppTheme" >
        <activity
            android:name="com.example.androidsample12_010.MainActivity"
            android:label="@string/title_activity_main" >
            <intent-filter>
                <action android:name="android.intent.action.MAIN" />

                <category android:name="android.intent.category.LAUNCHER" />
            </intent-filter>
        </activity>
    </application>

</manifest>
2.「Ctrl+Shift+F」を押し、コードをフォーマッティング。
3.「Ctrl+S」を押し、ファイルを保存。



【手順3】
1.「res/layout/activity_main.xml」は以下の通り。
<LinearLayout xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
    android:layout_width="fill_parent"
    android:layout_height="fill_parent"
    android:orientation="vertical" >

    <ListView
        android:id="@+id/listView"
        android:layout_width="fill_parent"
        android:layout_height="fill_parent" />

</LinearLayout>
2.「Ctrl+Shift+F」を押し、コードをフォーマッティング。
3.「Ctrl+S」を押し、ファイルを保存。



【手順4】
1.「src/com/example/androidsample12_010/MainActivity.java」は以下の通り。
package com.example.androidsample12_010;

import android.app.Activity;
import android.os.Bundle;
import android.view.View;
import android.widget.AdapterView;
import android.widget.AdapterView.OnItemClickListener;
import android.widget.ArrayAdapter;
import android.widget.ListView;
import android.widget.Toast;

public class MainActivity extends Activity {
    private static final String[] WORDS = { "AAA", "BBB", "CCC", "DDD", "EEE", "FFF", "GGG" };

    @Override
    public void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
        super.onCreate(savedInstanceState);
        setContentView(R.layout.activity_main);

        ListView listView = (ListView) findViewById(R.id.listView);
        listView.setAdapter(new ArrayAdapter<String>(this, android.R.layout.simple_list_item_multiple_choice, WORDS));
        listView.setChoiceMode(ListView.CHOICE_MODE_NONE);

        listView.setOnItemClickListener(new OnItemClickListener() {
            public void onItemClick(AdapterView<?> parent, View view, int position, long id) {
                String message = WORDS[position] + "がクリックされました。";
                Toast.makeText(MainActivity.this, message, Toast.LENGTH_SHORT).show();
            }
        });
    }
}
2.「Ctrl+Shift+F」を押し、コードをフォーマッティング。
3.「Ctrl+S」を押し、ファイルを保存。



【手順5】
1.「Androidプロジェクトの作成・実行方法(バージョン別一覧)」のAndroidプロジェクトの実行手順で、実行。



【手順6】
1.以下の様に表示されれば成功です。











































【結論】
チェックのアイコンが表示されますが、クリック後でも特に変化はありません。

「android.R.layout.simple_list_item_multiple_choice」と「CHOICE_MODE_NONE」の組み合わせはあまり意味が無さそうです。



以上です。

ListViewSimpleListItemSingleChoiceのChoiceModeがMULTIPLE

【目的】
AndroidでListViewのアダプターに「android.R.layout.simple_list_item_single_choice」且つ、ChoiceModeに「CHOICE_MODE_MULTIPLE」を指定。



【手順1】
1.「Androidプロジェクトの作成・実行方法(バージョン別一覧)」のAndroidプロジェクトの作成手順で、「AndroidSample12-009-ListViewSimpleListItemSingleChoiceModeMULTIPLE」といプロジェクトを作成。
※プロジェクトの設定は以下の通り。
※他の項目は任意。
項目名 項目に設定する値
アプリケーション名(Application Name) com.example.androidsample12_009
プロジェクト名(Project Name) AndroidSample12-009-ListViewSimpleListItemSingleChoiceModeMULTIPLE
パッケージ名(Package Name) com.example.androidsample12_009
Build SDK API 8
Minimum Required SDK API 8



【手順2】
1.「AndroidManifest.xml」は以下の通り。
<manifest xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
    package="com.example.androidsample12_009"
    android:versionCode="1"
    android:versionName="1.0" >

    <uses-sdk
        android:minSdkVersion="8"
        android:targetSdkVersion="8" />

    <application
        android:icon="@drawable/ic_launcher"
        android:label="@string/app_name"
        android:theme="@style/AppTheme" >
        <activity
            android:name="com.example.androidsample12_009.MainActivity"
            android:label="@string/title_activity_main" >
            <intent-filter>
                <action android:name="android.intent.action.MAIN" />

                <category android:name="android.intent.category.LAUNCHER" />
            </intent-filter>
        </activity>
    </application>

</manifest>
2.「Ctrl+Shift+F」を押し、コードをフォーマッティング。
3.「Ctrl+S」を押し、ファイルを保存。



【手順3】
1.「res/layout/activity_main.xml」は以下の通り。
<LinearLayout xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
    android:layout_width="fill_parent"
    android:layout_height="fill_parent"
    android:orientation="vertical" >

    <ListView
        android:id="@+id/listView"
        android:layout_width="fill_parent"
        android:layout_height="fill_parent" />

</LinearLayout>
2.「Ctrl+Shift+F」を押し、コードをフォーマッティング。
3.「Ctrl+S」を押し、ファイルを保存。



【手順4】
1.「src/com/example/androidsample12_009/MainActivity.java」は以下の通り。
package com.example.androidsample12_009;

import android.app.Activity;
import android.os.Bundle;
import android.view.View;
import android.widget.AdapterView;
import android.widget.AdapterView.OnItemClickListener;
import android.widget.ArrayAdapter;
import android.widget.ListView;
import android.widget.Toast;

public class MainActivity extends Activity {
    private static final String[] WORDS = { "AAA", "BBB", "CCC", "DDD", "EEE", "FFF", "GGG" };

    @Override
    public void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
        super.onCreate(savedInstanceState);
        setContentView(R.layout.activity_main);

        ListView listView = (ListView) findViewById(R.id.listView);
        listView.setAdapter(new ArrayAdapter<String>(this, android.R.layout.simple_list_item_single_choice, WORDS));
        listView.setChoiceMode(ListView.CHOICE_MODE_MULTIPLE);

        listView.setOnItemClickListener(new OnItemClickListener() {
            public void onItemClick(AdapterView<?> parent, View view, int position, long id) {
                String message = WORDS[position] + "がクリックされました。";
                Toast.makeText(MainActivity.this, message, Toast.LENGTH_SHORT).show();
            }
        });
    }
}
2.「Ctrl+Shift+F」を押し、コードをフォーマッティング。
3.「Ctrl+S」を押し、ファイルを保存。



【手順5】
1.「Androidプロジェクトの作成・実行方法(バージョン別一覧)」のAndroidプロジェクトの実行手順で、実行。



【手順6】
1.以下の様に表示されれば成功です。













































【結論】
チェックのアイコンが表示されます。

クリック時には複数チェックされます。




以上です。

ListViewSimpleListItemSingleChoiceのChoiceModeがSINGLE

【目的】
AndroidでListViewのアダプターに「android.R.layout.simple_list_item_single_choice」且つ、ChoiceModeに「CHOICE_MODE_SINGLE」を指定。



【手順1】
1.「Androidプロジェクトの作成・実行方法(バージョン別一覧)」のAndroidプロジェクトの作成手順で、「AndroidSample12-008-ListViewSimpleListItemSingleChoiceModeSINGLE」といプロジェクトを作成。
※プロジェクトの設定は以下の通り。
※他の項目は任意。
項目名 項目に設定する値
アプリケーション名(Application Name) com.example.androidsample12_008
プロジェクト名(Project Name) AndroidSample12-008-ListViewSimpleListItemSingleChoiceModeSINGLE
パッケージ名(Package Name) com.example.androidsample12_008
Build SDK API 8
Minimum Required SDK API 8



【手順2】
1.「AndroidManifest.xml」は以下の通り。
<manifest xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
    package="com.example.androidsample12_008"
    android:versionCode="1"
    android:versionName="1.0" >

    <uses-sdk
        android:minSdkVersion="8"
        android:targetSdkVersion="8" />

    <application
        android:icon="@drawable/ic_launcher"
        android:label="@string/app_name"
        android:theme="@style/AppTheme" >
        <activity
            android:name="com.example.androidsample12_008.MainActivity"
            android:label="@string/title_activity_main" >
            <intent-filter>
                <action android:name="android.intent.action.MAIN" />

                <category android:name="android.intent.category.LAUNCHER" />
            </intent-filter>
        </activity>
    </application>

</manifest>
2.「Ctrl+Shift+F」を押し、コードをフォーマッティング。
3.「Ctrl+S」を押し、ファイルを保存。



【手順3】
1.「res/layout/activity_main.xml」は以下の通り。
<LinearLayout xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
    android:layout_width="fill_parent"
    android:layout_height="fill_parent"
    android:orientation="vertical" >

    <ListView
        android:id="@+id/listView"
        android:layout_width="fill_parent"
        android:layout_height="fill_parent" />

</LinearLayout>
2.「Ctrl+Shift+F」を押し、コードをフォーマッティング。
3.「Ctrl+S」を押し、ファイルを保存。



【手順4】
1.「src/com/example/androidsample12_008/MainActivity.java」は以下の通り。
package com.example.androidsample12_008;

import android.app.Activity;
import android.os.Bundle;
import android.view.View;
import android.widget.AdapterView;
import android.widget.AdapterView.OnItemClickListener;
import android.widget.ArrayAdapter;
import android.widget.ListView;
import android.widget.Toast;

public class MainActivity extends Activity {
    private static final String[] WORDS = { "AAA", "BBB", "CCC", "DDD", "EEE", "FFF", "GGG" };

    @Override
    public void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
        super.onCreate(savedInstanceState);
        setContentView(R.layout.activity_main);

        ListView listView = (ListView) findViewById(R.id.listView);
        listView.setAdapter(new ArrayAdapter<String>(this, android.R.layout.simple_list_item_single_choice, WORDS));
        listView.setChoiceMode(ListView.CHOICE_MODE_SINGLE);

        listView.setOnItemClickListener(new OnItemClickListener() {
            public void onItemClick(AdapterView<?> parent, View view, int position, long id) {
                String message = WORDS[position] + "がクリックされました。";
                Toast.makeText(MainActivity.this, message, Toast.LENGTH_SHORT).show();
            }
        });
    }
}
2.「Ctrl+Shift+F」を押し、コードをフォーマッティング。
3.「Ctrl+S」を押し、ファイルを保存。



【手順5】
1.「Androidプロジェクトの作成・実行方法(バージョン別一覧)」のAndroidプロジェクトの実行手順で、実行。



【手順6】
1.以下の様に表示されれば成功です。












































【結論】
チェックのアイコンが表示されます。

クリック時には排他的にチェックされます。



以上です。

ListViewSimpleListItemSingleChoiceのChoiceModeがNONE

【目的】
AndroidでListViewのアダプターに「android.R.layout.simple_list_item_single_choice」且つ、ChoiceModeに「CHOICE_MODE_NONE」を指定。



【手順1】
1.「Androidプロジェクトの作成・実行方法(バージョン別一覧)」のAndroidプロジェクトの作成手順で、「AndroidSample12-007-ListViewSimpleListItemSingleChoiceModeNONE」といプロジェクトを作成。
※プロジェクトの設定は以下の通り。
※他の項目は任意。
項目名 項目に設定する値
アプリケーション名(Application Name) com.example.androidsample12_007
プロジェクト名(Project Name) AndroidSample12-007-ListViewSimpleListItemSingleChoiceModeNONE
パッケージ名(Package Name) com.example.androidsample12_007
Build SDK API 8
Minimum Required SDK API 8



【手順2】
1.「AndroidManifest.xml」は以下の通り。
<manifest xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
    package="com.example.androidsample12_007"
    android:versionCode="1"
    android:versionName="1.0" >

    <uses-sdk
        android:minSdkVersion="8"
        android:targetSdkVersion="8" />

    <application
        android:icon="@drawable/ic_launcher"
        android:label="@string/app_name"
        android:theme="@style/AppTheme" >
        <activity
            android:name="com.example.androidsample12_007.MainActivity"
            android:label="@string/title_activity_main" >
            <intent-filter>
                <action android:name="android.intent.action.MAIN" />

                <category android:name="android.intent.category.LAUNCHER" />
            </intent-filter>
        </activity>
    </application>

</manifest>
2.「Ctrl+Shift+F」を押し、コードをフォーマッティング。
3.「Ctrl+S」を押し、ファイルを保存。



【手順3】
1.「res/layout/activity_main.xml」は以下の通り。
<LinearLayout xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
    android:layout_width="fill_parent"
    android:layout_height="fill_parent"
    android:orientation="vertical" >

    <ListView
        android:id="@+id/listView"
        android:layout_width="fill_parent"
        android:layout_height="fill_parent" />

</LinearLayout>
2.「Ctrl+Shift+F」を押し、コードをフォーマッティング。
3.「Ctrl+S」を押し、ファイルを保存。



【手順4】
1.「src/com/example/androidsample12_007/MainActivity.java」は以下の通り。
package com.example.androidsample12_007;

import android.app.Activity;
import android.os.Bundle;
import android.view.View;
import android.widget.AdapterView;
import android.widget.AdapterView.OnItemClickListener;
import android.widget.ArrayAdapter;
import android.widget.ListView;
import android.widget.Toast;

public class MainActivity extends Activity {
    private static final String[] WORDS = { "AAA", "BBB", "CCC", "DDD", "EEE", "FFF", "GGG" };

    @Override
    public void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
        super.onCreate(savedInstanceState);
        setContentView(R.layout.activity_main);

        ListView listView = (ListView) findViewById(R.id.listView);
        listView.setAdapter(new ArrayAdapter<String>(this, android.R.layout.simple_list_item_single_choice, WORDS));
        listView.setChoiceMode(ListView.CHOICE_MODE_NONE);

        listView.setOnItemClickListener(new OnItemClickListener() {
            public void onItemClick(AdapterView<?> parent, View view, int position, long id) {
                String message = WORDS[position] + "がクリックされました。";
                Toast.makeText(MainActivity.this, message, Toast.LENGTH_SHORT).show();
            }
        });
    }
}
2.「Ctrl+Shift+F」を押し、コードをフォーマッティング。
3.「Ctrl+S」を押し、ファイルを保存。



【手順5】
1.「Androidプロジェクトの作成・実行方法(バージョン別一覧)」のAndroidプロジェクトの実行手順で、実行。



【手順6】
1.以下の様に表示されれば成功です。












































【結論】
チェックのアイコンが表示されますが、クリック後でも特に変化はありません。


「android.R.layout.simple_list_item_single_choice」と「CHOICE_MODE_NONE」の組み合わせはあまり意味が無さそうです。




以上です。

ListViewSimpleListItemCheckedのChoiceModeがMULTIPLE

【目的】
AndroidでListViewのアダプターに「android.R.layout.simple_list_item_checked」且つ、ChoiceModeに「CHOICE_MODE_MULTIPLE」を指定します。



【手順1】
1.「Androidプロジェクトの作成・実行方法(バージョン別一覧)」のAndroidプロジェクトの作成手順で、「AndroidSample12-006-ListViewSimpleListItemCheckedChoiceModeMULTIPLE」といプロジェクトを作成。
※プロジェクトの設定は以下の通り。
※他の項目は任意。
項目名 項目に設定する値
アプリケーション名(Application Name) com.example.androidsample12_006
プロジェクト名(Project Name) AndroidSample12-006-ListViewSimpleListItemCheckedChoiceModeMULTIPLE
パッケージ名(Package Name) com.example.androidsample12_006
Build SDK API 8
Minimum Required SDK API 8



【手順2】
1.「AndroidManifest.xml」は以下の通り。
<manifest xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
    package="com.example.androidsample12_006"
    android:versionCode="1"
    android:versionName="1.0" >

    <uses-sdk
        android:minSdkVersion="8"
        android:targetSdkVersion="8" />

    <application
        android:icon="@drawable/ic_launcher"
        android:label="@string/app_name"
        android:theme="@style/AppTheme" >
        <activity
            android:name="com.example.androidsample12_006.MainActivity"
            android:label="@string/title_activity_main" >
            <intent-filter>
                <action android:name="android.intent.action.MAIN" />

                <category android:name="android.intent.category.LAUNCHER" />
            </intent-filter>
        </activity>
    </application>

</manifest>
2.「Ctrl+Shift+F」を押し、コードをフォーマッティング。
3.「Ctrl+S」を押し、ファイルを保存。



【手順3】
1.「res/layout/activity_main.xml」は以下の通り。
<LinearLayout xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
    android:layout_width="fill_parent"
    android:layout_height="fill_parent"
    android:orientation="vertical" >

    <ListView
        android:id="@+id/listView"
        android:layout_width="fill_parent"
        android:layout_height="fill_parent" />

</LinearLayout>
2.「Ctrl+Shift+F」を押し、コードをフォーマッティング。
3.「Ctrl+S」を押し、ファイルを保存。



【手順4】
1.「src/com/example/androidsample12_006/MainActivity.java」は以下の通り。
package com.example.androidsample12_006;

import android.app.Activity;
import android.os.Bundle;
import android.view.View;
import android.widget.AdapterView;
import android.widget.AdapterView.OnItemClickListener;
import android.widget.ArrayAdapter;
import android.widget.ListView;
import android.widget.Toast;

public class MainActivity extends Activity {
    private static final String[] WORDS = { "AAA", "BBB", "CCC", "DDD", "EEE", "FFF", "GGG" };

    @Override
    public void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
        super.onCreate(savedInstanceState);
        setContentView(R.layout.activity_main);

        ListView listView = (ListView) findViewById(R.id.listView);
        listView.setAdapter(new ArrayAdapter<String>(this, android.R.layout.simple_list_item_checked, WORDS));
        listView.setChoiceMode(ListView.CHOICE_MODE_MULTIPLE);

        listView.setOnItemClickListener(new OnItemClickListener() {
            public void onItemClick(AdapterView<?> parent, View view, int position, long id) {
                String message = WORDS[position] + "がクリックされました。";
                Toast.makeText(MainActivity.this, message, Toast.LENGTH_SHORT).show();
            }
        });
    }
}
2.「Ctrl+Shift+F」を押し、コードをフォーマッティング。
3.「Ctrl+S」を押し、ファイルを保存。



【手順5】
1.「Androidプロジェクトの作成・実行方法(バージョン別一覧)」のAndroidプロジェクトの実行手順で、実行。



【手順6】
1.以下の様に表示されれば成功です。












































【結論】
チェックのアイコンが表示されます。

クリック時には複数チェックされます。



以上です。

ListViewSimpleListItemCheckedのChoiceModeがSINGLE

【目的】
AndroidでListViewのアダプターに「android.R.layout.simple_list_item_checked」且つ、ChoiceModeに「CHOICE_MODE_SINGLE」を指定します。



【手順1】
1.「Androidプロジェクトの作成・実行方法(バージョン別一覧)」のAndroidプロジェクトの作成手順で、「AndroidSample12-005-ListViewSimpleListItemCheckedChoiceModeSINGLE」といプロジェクトを作成。
※プロジェクトの設定は以下の通り。
※他の項目は任意。
項目名 項目に設定する値
アプリケーション名(Application Name) com.example.androidsample12_005
プロジェクト名(Project Name) AndroidSample12-005-ListViewSimpleListItemCheckedChoiceModeSINGLE
パッケージ名(Package Name) com.example.androidsample12_005
Build SDK API 8
Minimum Required SDK API 8



【手順2】
1.「AndroidManifest.xml」は以下の通り。
<manifest xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
    package="com.example.androidsample12_005"
    android:versionCode="1"
    android:versionName="1.0" >

    <uses-sdk
        android:minSdkVersion="8"
        android:targetSdkVersion="8" />

    <application
        android:icon="@drawable/ic_launcher"
        android:label="@string/app_name"
        android:theme="@style/AppTheme" >
        <activity
            android:name="com.example.androidsample12_005.MainActivity"
            android:label="@string/title_activity_main" >
            <intent-filter>
                <action android:name="android.intent.action.MAIN" />

                <category android:name="android.intent.category.LAUNCHER" />
            </intent-filter>
        </activity>
    </application>

</manifest>
2.「Ctrl+Shift+F」を押し、コードをフォーマッティング。
3.「Ctrl+S」を押し、ファイルを保存。



【手順3】
1.「res/layout/activity_main.xml」は以下の通り。
<LinearLayout xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
    android:layout_width="fill_parent"
    android:layout_height="fill_parent"
    android:orientation="vertical" >

    <ListView
        android:id="@+id/listView"
        android:layout_width="fill_parent"
        android:layout_height="fill_parent" />

</LinearLayout>
2.「Ctrl+Shift+F」を押し、コードをフォーマッティング。
3.「Ctrl+S」を押し、ファイルを保存。



【手順4】
1.「src/com/example/androidsample12_005/MainActivity.java」は以下の通り。
package com.example.androidsample12_005;

import android.app.Activity;
import android.os.Bundle;
import android.view.View;
import android.widget.AdapterView;
import android.widget.AdapterView.OnItemClickListener;
import android.widget.ArrayAdapter;
import android.widget.ListView;
import android.widget.Toast;

public class MainActivity extends Activity {
    private static final String[] WORDS = { "AAA", "BBB", "CCC", "DDD", "EEE", "FFF", "GGG" };

    @Override
    public void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
        super.onCreate(savedInstanceState);
        setContentView(R.layout.activity_main);

        ListView listView = (ListView) findViewById(R.id.listView);
        listView.setAdapter(new ArrayAdapter<String>(this, android.R.layout.simple_list_item_checked, WORDS));
        listView.setChoiceMode(ListView.CHOICE_MODE_SINGLE);

        listView.setOnItemClickListener(new OnItemClickListener() {
            public void onItemClick(AdapterView<?> parent, View view, int position, long id) {
                String message = WORDS[position] + "がクリックされました。";
                Toast.makeText(MainActivity.this, message, Toast.LENGTH_SHORT).show();
            }
        });
    }
}
2.「Ctrl+Shift+F」を押し、コードをフォーマッティング。
3.「Ctrl+S」を押し、ファイルを保存。



【手順5】
1.「Androidプロジェクトの作成・実行方法(バージョン別一覧)」のAndroidプロジェクトの実行手順で、実行。



【手順6】
1.以下の様に表示されれば成功です。













































【結論】
チェックのアイコンが表示されます。

クリック時には排他的にチェックされます。




以上です。

ListViewSimpleListItemCheckedのChoiceModeがNONE

【目的】
AndroidでListViewのアダプターに「android.R.layout.simple_list_item_checked」且つ、ChoiceModeに「CHOICE_MODE_NONE」を指定します。



【手順1】
1.「Androidプロジェクトの作成・実行方法(バージョン別一覧)」のAndroidプロジェクトの作成手順で、「AndroidSample12-004-ListViewSimpleListItemCheckedChoiceModeNONE」といプロジェクトを作成。
※プロジェクトの設定は以下の通り。
※他の項目は任意。
項目名 項目に設定する値
アプリケーション名(Application Name) com.example.androidsample12_004
プロジェクト名(Project Name) AndroidSample12-004-ListViewSimpleListItemCheckedChoiceModeNONE
パッケージ名(Package Name) com.example.androidsample12_004
Build SDK API 8
Minimum Required SDK API 8



【手順2】
1.「AndroidManifest.xml」は以下の通り。
<manifest xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
    package="com.example.androidsample12_004"
    android:versionCode="1"
    android:versionName="1.0" >

    <uses-sdk
        android:minSdkVersion="8"
        android:targetSdkVersion="8" />

    <application
        android:icon="@drawable/ic_launcher"
        android:label="@string/app_name"
        android:theme="@style/AppTheme" >
        <activity
            android:name="com.example.androidsample12_004.MainActivity"
            android:label="@string/title_activity_main" >
            <intent-filter>
                <action android:name="android.intent.action.MAIN" />

                <category android:name="android.intent.category.LAUNCHER" />
            </intent-filter>
        </activity>
    </application>

</manifest>
2.「Ctrl+Shift+F」を押し、コードをフォーマッティング。
3.「Ctrl+S」を押し、ファイルを保存。



【手順3】
1.「res/layout/activity_main.xml」は以下の通り。
<LinearLayout xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
    android:layout_width="fill_parent"
    android:layout_height="fill_parent"
    android:orientation="vertical" >

    <ListView
        android:id="@+id/listView"
        android:layout_width="fill_parent"
        android:layout_height="fill_parent" />

</LinearLayout>
2.「Ctrl+Shift+F」を押し、コードをフォーマッティング。
3.「Ctrl+S」を押し、ファイルを保存。



【手順4】
1.「src/com/example/androidsample12_004/MainActivity.java」は以下の通り。
package com.example.androidsample12_004;

import android.app.Activity;
import android.os.Bundle;
import android.view.View;
import android.widget.AdapterView;
import android.widget.AdapterView.OnItemClickListener;
import android.widget.ArrayAdapter;
import android.widget.ListView;
import android.widget.Toast;

public class MainActivity extends Activity {
    private static final String[] WORDS = { "AAA", "BBB", "CCC", "DDD", "EEE", "FFF", "GGG" };

    @Override
    public void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
        super.onCreate(savedInstanceState);
        setContentView(R.layout.activity_main);

        ListView listView = (ListView) findViewById(R.id.listView);
        listView.setAdapter(new ArrayAdapter<String>(this, android.R.layout.simple_list_item_checked, WORDS));
        listView.setChoiceMode(ListView.CHOICE_MODE_NONE);

        listView.setOnItemClickListener(new OnItemClickListener() {
            public void onItemClick(AdapterView<?> parent, View view, int position, long id) {
                String message = WORDS[position] + "がクリックされました。";
                Toast.makeText(MainActivity.this, message, Toast.LENGTH_SHORT).show();
            }
        });
    }
}
2.「Ctrl+Shift+F」を押し、コードをフォーマッティング。
3.「Ctrl+S」を押し、ファイルを保存。



【手順5】
1.「Androidプロジェクトの作成・実行方法(バージョン別一覧)」のAndroidプロジェクトの実行手順で、実行。



【手順6】
1.以下の様に表示されれば成功です。












































【結論】
チェックのアイコンが表示されますが、クリック後でも特に変化はありません。


「android.R.layout.simple_list_item_checked」と「CHOICE_MODE_NONE」の組み合わせはあまり意味が無さそうです。




以上です。

2013年4月29日月曜日

ListViewSimpleListItem2

【目的】
AndroidでListViewのアダプターに「android.R.layout.simple_list_item_2」を指定します。



【手順1】
1.「Androidプロジェクトの作成・実行方法(バージョン別一覧)」のAndroidプロジェクトの作成手順で、「AndroidSample12-003-ListViewSimpleListItem2」といプロジェクトを作成。
※プロジェクトの設定は以下の通り。
※他の項目は任意。
項目名 項目に設定する値
アプリケーション名(Application Name) com.example.androidsample12_003
プロジェクト名(Project Name) AndroidSample12-003-ListViewSimpleListItem2
パッケージ名(Package Name) com.example.androidsample12_003
Build SDK API 8
Minimum Required SDK API 8



【手順2】
1.「AndroidManifest.xml」は以下の通り。
<manifest xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
    package="com.example.androidsample12_003"
    android:versionCode="1"
    android:versionName="1.0" >

    <uses-sdk
        android:minSdkVersion="8"
        android:targetSdkVersion="8" />

    <application
        android:icon="@drawable/ic_launcher"
        android:label="@string/app_name"
        android:theme="@style/AppTheme" >
        <activity
            android:name="com.example.androidsample12_003.MainActivity"
            android:label="@string/title_activity_main" >
            <intent-filter>
                <action android:name="android.intent.action.MAIN" />

                <category android:name="android.intent.category.LAUNCHER" />
            </intent-filter>
        </activity>
    </application>

</manifest>
2.「Ctrl+Shift+F」を押し、コードをフォーマッティング。
3.「Ctrl+S」を押し、ファイルを保存。



【手順3】
1.「res/layout/activity_main.xml」は以下の通り。
<LinearLayout xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
    android:layout_width="fill_parent"
    android:layout_height="fill_parent"
    android:orientation="vertical" >

    <ListView
        android:id="@+id/listView"
        android:layout_width="fill_parent"
        android:layout_height="fill_parent" />

</LinearLayout>
2.「Ctrl+Shift+F」を押し、コードをフォーマッティング。
3.「Ctrl+S」を押し、ファイルを保存。



【手順4】
1.「src/com/example/androidsample12_003/MainActivity.java」は以下の通り。
package com.example.androidsample12_003;

import java.util.ArrayList;
import java.util.HashMap;
import java.util.List;
import java.util.Map;

import android.app.Activity;
import android.os.Bundle;
import android.view.View;
import android.widget.AdapterView;
import android.widget.AdapterView.OnItemClickListener;
import android.widget.ListView;
import android.widget.SimpleAdapter;
import android.widget.Toast;

public class MainActivity extends Activity {
    private static final String KEY_UPPER_LETTER = "upperLetter";
    private static final String KEY_LOWER_LETTER = "lowerLetter";

    private static final String[][] WORDS = { { "AAA", "aaa" },
                                             { "BBB", "bbb" },
                                             { "CCC", "ccc" },
                                             { "DDD", "ddd" },
                                             { "EEE", "eee" },
                                             { "FFF", "fff" },
                                             { "GGG", "ggg" }, };

    private static final List<Map<String, String>> WORD_LIST = new ArrayList<Map<String, String>>();

    static {
        Map<String, String> word;
        for (int i = 0; i < WORDS.length; i++) {
            word = new HashMap<String, String>();
            word.put(KEY_UPPER_LETTER, WORDS[i][0]);
            word.put(KEY_LOWER_LETTER, WORDS[i][1]);
            WORD_LIST.add(word);
        }
    }

    @Override
    public void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
        super.onCreate(savedInstanceState);
        setContentView(R.layout.activity_main);

        ListView listView = (ListView) findViewById(R.id.listView);
        SimpleAdapter simpleAdapter = new SimpleAdapter(this,
                                                        WORD_LIST,
                                                        android.R.layout.simple_list_item_2,
                                                        new String[] { KEY_UPPER_LETTER, KEY_LOWER_LETTER },
                                                        new int[] { android.R.id.text1, android.R.id.text2 });
        listView.setAdapter(simpleAdapter);
        listView.setOnItemClickListener(new OnItemClickListener() {
            public void onItemClick(AdapterView<?> parent, View view, int position, long id) {
                String message = WORDS[position][0] + "/" + WORDS[position][1] + "がクリックされました。";
                Toast.makeText(MainActivity.this, message, Toast.LENGTH_SHORT).show();
            }
        });
    }
}
2.「Ctrl+Shift+F」を押し、コードをフォーマッティング。
3.「Ctrl+S」を押し、ファイルを保存。



【手順5】
1.「Androidプロジェクトの作成・実行方法(バージョン別一覧)」のAndroidプロジェクトの実行手順で、実行。



【手順6】
1.以下の様に表示されれば成功です。











































以上です。

ListViewOnItemClickListener

【目的】
AndroidでListViewに項目がクリックされたイベントを指定します。



【手順1】
1.「Androidプロジェクトの作成・実行方法(バージョン別一覧)」のAndroidプロジェクトの作成手順で、「AndroidSample12-002-ListViewOnItemClickListener」といプロジェクトを作成。
※プロジェクトの設定は以下の通り。
※他の項目は任意。
項目名 項目に設定する値
アプリケーション名(Application Name) com.example.androidsample12_002
プロジェクト名(Project Name) AndroidSample12-002-ListViewOnItemClickListener
パッケージ名(Package Name) com.example.androidsample12_002
Build SDK API 8
Minimum Required SDK API 8



【手順2】
1.「AndroidManifest.xml」は以下の通り。
<manifest xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
    package="com.example.androidsample12_001"
    android:versionCode="1"
    android:versionName="1.0" >

    <uses-sdk
        android:minSdkVersion="8"
        android:targetSdkVersion="8" />

    <application
        android:icon="@drawable/ic_launcher"
        android:label="@string/app_name"
        android:theme="@style/AppTheme" >
        <activity
            android:name="com.example.androidsample12_002.MainActivity"
            android:label="@string/title_activity_main" >
            <intent-filter>
                <action android:name="android.intent.action.MAIN" />

                <category android:name="android.intent.category.LAUNCHER" />
            </intent-filter>
        </activity>
    </application>

</manifest>
2.「Ctrl+Shift+F」を押し、コードをフォーマッティング。
3.「Ctrl+S」を押し、ファイルを保存。



【手順3】
1.「res/layout/activity_main.xml」は以下の通り。
<LinearLayout xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
    android:layout_width="fill_parent"
    android:layout_height="fill_parent"
    android:orientation="vertical" >

    <ListView
        android:id="@+id/listView"
        android:layout_width="fill_parent"
        android:layout_height="fill_parent" />

</LinearLayout>
2.「Ctrl+Shift+F」を押し、コードをフォーマッティング。
3.「Ctrl+S」を押し、ファイルを保存。



【手順4】
1.「src/com/example/androidsample12_002/MainActivity.java」は以下の通り。
package com.example.androidsample12_002;

import android.app.Activity;
import android.os.Bundle;
import android.view.View;
import android.widget.AdapterView;
import android.widget.AdapterView.OnItemClickListener;
import android.widget.ArrayAdapter;
import android.widget.ListView;
import android.widget.Toast;

import com.example.androidsample12_001.R;

public class MainActivity extends Activity {
    private static final String[] WORDS = { "AAA", "BBB", "CCC", "DDD", "EEE", "FFF", "GGG" };

    @Override
    public void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
        super.onCreate(savedInstanceState);
        setContentView(R.layout.activity_main);

        ListView listView = (ListView) findViewById(R.id.listView);
        listView.setAdapter(new ArrayAdapter<String>(this, android.R.layout.simple_list_item_1, WORDS));

        listView.setOnItemClickListener(new OnItemClickListener() {
            public void onItemClick(AdapterView<?> parent, View view, int position, long id) {
                String message = WORDS[position] + "がクリックされました。";
                Toast.makeText(MainActivity.this, message, Toast.LENGTH_SHORT).show();
            }
        });
    }
}
2.「Ctrl+Shift+F」を押し、コードをフォーマッティング。
3.「Ctrl+S」を押し、ファイルを保存。



【手順5】
1.「Androidプロジェクトの作成・実行方法(バージョン別一覧)」のAndroidプロジェクトの実行手順で、実行。



【手順6】
1.以下の様に表示されれば成功です。











































以上です。

ListView

【目的】
AndroidでListViewを指定します。



【手順1】
1.「Androidプロジェクトの作成・実行方法(バージョン別一覧)」のAndroidプロジェクトの作成手順で、「AndroidSample12-001-ListView」といプロジェクトを作成。
※プロジェクトの設定は以下の通り。
※他の項目は任意。
項目名 項目に設定する値
アプリケーション名(Application Name) com.example.androidsample12_001
プロジェクト名(Project Name) AndroidSample12-001-ListView
パッケージ名(Package Name) com.example.androidsample12_001
Build SDK API 8
Minimum Required SDK API 8



【手順2】
1.「AndroidManifest.xml」は以下の通り。
<manifest xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
    package="com.example.androidsample12_001"
    android:versionCode="1"
    android:versionName="1.0" >

    <uses-sdk
        android:minSdkVersion="8"
        android:targetSdkVersion="8" />

    <application
        android:icon="@drawable/ic_launcher"
        android:label="@string/app_name"
        android:theme="@style/AppTheme" >
        <activity
            android:name=".MainActivity"
            android:label="@string/title_activity_main" >
            <intent-filter>
                <action android:name="android.intent.action.MAIN" />

                <category android:name="android.intent.category.LAUNCHER" />
            </intent-filter>
        </activity>
    </application>

</manifest>
2.「Ctrl+Shift+F」を押し、コードをフォーマッティング。
3.「Ctrl+S」を押し、ファイルを保存。



【手順3】
1.「res/layout/activity_main.xml」は以下の通り。
<LinearLayout xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
    android:layout_width="fill_parent"
    android:layout_height="fill_parent"
    android:orientation="vertical" >

    <ListView
        android:id="@+id/listView"
        android:layout_width="fill_parent"
        android:layout_height="fill_parent" />

</LinearLayout>
2.「Ctrl+Shift+F」を押し、コードをフォーマッティング。
3.「Ctrl+S」を押し、ファイルを保存。



【手順4】
1.「src/com/example/androidsample12_001/MainActivity.java」は以下の通り。
package com.example.androidsample12_001;

import android.app.Activity;
import android.os.Bundle;
import android.widget.ArrayAdapter;
import android.widget.ListView;

public class MainActivity extends Activity {
    private static final String[] WORDS = { "AAA", "BBB", "CCC", "DDD", "EEE", "FFF", "GGG" };

    @Override
    public void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
        super.onCreate(savedInstanceState);
        setContentView(R.layout.activity_main);

        ListView listView = (ListView) findViewById(R.id.listView);
        listView.setAdapter(new ArrayAdapter<String>(this, android.R.layout.simple_list_item_1, WORDS));
    }
}
2.「Ctrl+Shift+F」を押し、コードをフォーマッティング。
3.「Ctrl+S」を押し、ファイルを保存。



【手順5】
1.「Androidプロジェクトの作成・実行方法(バージョン別一覧)」のAndroidプロジェクトの実行手順で、実行。



【手順6】
1.以下の様に表示されれば成功です。










































以上です。

CheckBoxOnClick

【目的】
AndroidでCheckBoxにクリックイベントを指定します。



【手順1】
1.「Androidプロジェクトの作成・実行方法(バージョン別一覧)」のAndroidプロジェクトの作成手順で、「AndroidSample06-002-CheckBoxOnClick」といプロジェクトを作成。
※プロジェクトの設定は以下の通り。
※他の項目は任意。
項目名 項目に設定する値
アプリケーション名(Application Name) com.example.androidsample06_002
プロジェクト名(Project Name) AndroidSample06-002-CheckBoxOnClick
パッケージ名(Package Name) com.example.androidsample06_002
Build SDK API 8
Minimum Required SDK API 8



【手順2】
1.「AndroidManifest.xml」は以下の通り。
<manifest xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
    package="com.example.androidsample06_002"
    android:versionCode="1"
    android:versionName="1.0" >

    <uses-sdk
        android:minSdkVersion="8"
        android:targetSdkVersion="8" />

    <application
        android:icon="@drawable/ic_launcher"
        android:label="@string/app_name"
        android:theme="@style/AppTheme" >
        <activity
            android:name="com.example.androidsample06_002.MainActivity"
            android:label="@string/title_activity_main" >
            <intent-filter>
                <action android:name="android.intent.action.MAIN" />

                <category android:name="android.intent.category.LAUNCHER" />
            </intent-filter>
        </activity>
    </application>

</manifest>
2.「Ctrl+Shift+F」を押し、コードをフォーマッティング。
3.「Ctrl+S」を押し、ファイルを保存。



【手順3】
1.「res/layout/activity_main.xml」は以下の通り。
<LinearLayout xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
    android:layout_width="match_parent"
    android:layout_height="match_parent"
    android:orientation="vertical" >

    <CheckBox
        android:layout_width="wrap_content"
        android:layout_height="wrap_content"
        android:onClick="onClickCheckBox"
        android:text="選択1" />

    <CheckBox
        android:layout_width="wrap_content"
        android:layout_height="wrap_content"
        android:onClick="onClickCheckBox"
        android:text="選択2" />

    <CheckBox
        android:layout_width="wrap_content"
        android:layout_height="wrap_content"
        android:onClick="onClickCheckBox"
        android:text="選択3" />

</LinearLayout>
2.「Ctrl+Shift+F」を押し、コードをフォーマッティング。
3.「Ctrl+S」を押し、ファイルを保存。



【手順4】
1.「src/com/example/androidsample06_002/MainActivity.java」は以下の通り。
package com.example.androidsample06_002;

import android.app.Activity;
import android.os.Bundle;
import android.view.View;
import android.widget.CheckBox;
import android.widget.Toast;

public class MainActivity extends Activity {
    @Override
    public void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
        super.onCreate(savedInstanceState);
        setContentView(R.layout.activity_main);
    }

    public void onClickCheckBox(View view) {
        CheckBox checkBox = (CheckBox) view;

        if (checkBox.isChecked()) {
            Toast.makeText(this, checkBox.getText() + "が選択されました。", Toast.LENGTH_SHORT).show();
        } else {
            Toast.makeText(this, checkBox.getText() + "が解除されました。", Toast.LENGTH_SHORT).show();
        }
    }
}
2.「Ctrl+Shift+F」を押し、コードをフォーマッティング。
3.「Ctrl+S」を押し、ファイルを保存。



【手順5】
1.「Androidプロジェクトの作成・実行方法(バージョン別一覧)」のAndroidプロジェクトの実行手順で、実行。



【手順6】
1.以下の様に表示されれば成功です。











































以上です。

関連記事